NPO法人 葉山町民オンブズマン

□ 会報 □

会報 2010 03月号 下水道違法工事の疑い追求特集号

□2010 03月号 下水道違法工事の疑い追求特集号は、3月21日(日)朝日、読売、毎日、神奈川
 新聞朝刊に新聞折込みされました。

・町が勝手に使った約7千万円の下水道違法疑惑工事


<予算が余ったからと、町は独断で「契約外の工事」を発注した
  この事案の経緯>

1)H20年7月3日、町は、現在の浄化センターの処理能力(最大6,200㎥/日)は、H23年にはオー
 バーフローするので最大3,200㎥/日の第三系列の増設工事が必要として、下水道
 事業団との建設工事委託に関する協定を総額6億5000万円で締結することを議会に求め、
 承認された。工期は、H21年度末。
2)H21年12月3日、事業団からの予算差金約7,000万円の使途についての問いに対し、町は
 6項目の追加工事を提示。
3)H21年12月11日、事業団は6項目のうち以下の2工事が可との回答。
   ①1系⇔2系最終沈殿池連絡管の設置(現設備と新の第三系列の接続工事
   ②2-2系調整池の防食塗装、水中攪拌機設置(第四系列の工事
  この2項目の工事は、協定外の工事である。
4)H21年12月12日、担当部長の起案に対し工事発注の町長決済。
5)同日、事業団に工事発注。
6)H22年1月12日、追加工事に伴う協定変更の町長決済。
7)H22年1月25日、変更協定仮締結。
8)H22年2月19日、工事変更内容を明記しないで工事総金額6億4,445万円への変更承認を、
  変更協定仮締結を隠したまま議会へ要求。
9)H22年3月11日、教育民生常任委員会でこの工事の違法性、不正公金流用を調査もせず、
  5人の議員の賛成で変更内容を承認した。
  追加工事費は、6,960万円。

<違法工事と不正公金流用の疑い>
違法:5,000万円以上の契約(協定も同じ)は、議会の事前議決が必要、この事案の追加工事
   は協定外の工事であり、協定変更はこれに該当する。しかし、町は予算の事前決議なく、
   工事を発注した。
公金不正流用:6億5,000万円の差金は、協定でいう第三系列の予算であり、協定変更の事前
       承認なく、第三系列以外への使用は認められない。



会報 2010.03.21号(表頁)
会報 2010.03.21号(裏頁)


会報1


会報2


**************************************************************************************

スポンサーサイト


* 「会報」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2010/03/20
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

+