NPO法人 葉山町民オンブズマン

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


* 「スポンサー広告」目次へ戻る
*    *    *

Information

□ 陳情・請願・監査請求・告発 □

陳情 不服申し立て諮問期間の改善(H26.12.08)

陳情 不服申し立て諮問期間の改善

12月8日(月)、葉山町議会議長あてに、表題の陳情を出しました。

 葉山町情報公開条例により得た結果に対して、不服申し立てをした場合、実施期間が葉山町情報審査会に諮問するまでの期間が著しく長い場合が見受けられる。
不服申し立ての元となる行政不服審査法に諮問期限の定めがないが、条例の運用において諮問期限を設けることを求める。

陳情 不服申し立て諮問期間の改善(PDF)

1月8日追記
1月8日、総務建設常任委員会(土佐洋子委員長)で審査され、「不採択」となった。
「採択」(2):窪田 美樹、守屋 亘弘
「不採択」(4):長塚 かおる、待寺 真司、荒井 直彦、横山 すみ子
陳情趣旨に対して、町部局より努力目標で30日の期間設定は可能との意見があったにも関わらず、なぜ「不採択」なのか理解に苦しむ。

2月19日追記
1月8日、総務建設常任委員会(土佐洋子委員長)で審査され、「不採択」となった本陳情は、2月10日の本会議において「不採択」となった。
「採択」(5):窪田美樹、守屋亘弘、近藤昇一、畑中由喜子、田中孝男
「不採択」(8):長塚かおる、待寺真司、荒井直彦、横山すみ子、笠原俊一、中村文彦、土佐洋子、鈴木道子

総務建設常任委員会の報告は、かなりねじ曲がっている。
これが議員のレベルということか、執行機関からの努力目標で30日の期間設定は可能との意見も消えている。
最後の2行の文言はなんだ、委員にそんな権限があるのかと言いたい。

総務建設常任委員会報告(PDF)


5月27日追記
議会が陳情「不採択」としたのも関わらず、執行機関である町側がオンブズ陳情趣旨を受け入れ自主的に30日の目安を平成27年4月1日付け情報公開条例マニュアル改定に盛り込み実施することとなった。
葉山町情報公開条例ハンドブック
59ページ (運用)
       不服申し立てについての事務
       2.審査会への諮問
        (3)審査会への諮問は、特別の事情が無い限り異議申し立ての受付をしてから
          30日以内を目安とします。
事実上、議会が不採択とした陳情趣旨を町側が受け入れ実行に移すという奇妙な結果となった。
議会議員より町部局が情報公開制度に真摯に取り組む姿勢が見える。

情報公開条例マニュアル改定

************************************



スポンサーサイト


* 「陳情・請願・監査請求・告発」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2014/12/08
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。