NPO法人 葉山町民オンブズマン

□ 資料 □

「財政資料」:H23年度予算&廃棄物処理データ(H23.02.03)

□「財政資料」:H23年度予算&廃棄物処理データ

H23年度予算案(一般会計と下水道)および:一般廃棄物年度別データ(H23)
データです。
2.23 誤記修正、【下水道事業特別会計】繰り入れ補填1,000万円⇒1億円
3.10 一般会計再提出可決予算追加

<検証概要>
【一般会計】
H21,H22年度はリーマンショックによる国の臨時経済対策交付金があるため、比較対象から
外し、子供手当5億円を除いて考えると、H20年とほぼ同じ緊縮予算と言える。
実経常収支は、過去6年間の最高額の13億円の赤字、これを町債、リーマンショックによる国の
臨時経済対策交付金で積み立てた基金約11億円の切り崩し、前年度繰越金で補う。
森町政最終年に、抑えてきた基金切り崩しを増額し、H24年度の基金切り崩しののりしろは
2億円となる見込み。
町債は中計に沿って、一般会計を増額、下水道特別会計を減額し、トータルで微減、H25年度の
総残高150億円を目指す。
【歳入】 ◇税収入および前年度繰越金は、毎年同じだがコンサバの少なめに計上。
【歳出】 ◇人件費は中計より2億円増、人件費削減対策が何も打てていない、今後の課題で
       ある。
     ◇投資的経費は過去6年間最低の5億2,000万円、経常収支比率の悪化が見込まれる。

<H23年度予算の一般廃棄物処理費>
ごみ処理は7月から個別収集でごみ処理費総額で、4,656万円減を目指す。
し尿汚泥処理は、投入センター建設費として、3億1,700万円を計上、これは過剰計上。
投入センター建設は、昨年入札が終了しており、税込み総額で2億895万円であり、H22年度分の
5,985万円を差し引いた1億4,910万円に工事監理費5%を計上して1億5,600万円が妥当。
人件費についての削減は見られない。
【ごみ処理費】
 ◇人件費込で7億8,676万円、H25年度目標の総経費5億円達成には人件費削減が必須となる。
【し尿汚泥処理費】
 ◇し尿投入センター予算は、建築に関する諸手続き不備と同じく杜撰な予算と言わざるを
   得ない。


【下水道事業特別会計】
総務費(下水道維持費)が使用料で賄えず、その差が増額傾向にある、H23年度は1億円
繰り入れ補填。


詳細は添付ファイル参照
H23年度予算(再提出)

H23年度予算(Rev03)

■一般廃棄物年度別データ(H23予算)
<ご使用上の注意>
付されているファイル名(XMLファイル)をクリックして、赤の英文メッセージが表示されるのは、ご使用のOfficeのファイル変換が保護されています。
その場合、
1)英文メッセージ画面の左上、ファイル(F)をクリック
2)名前を付けて保存(A)・・・をクリック
3)保存先をデスクトップに指定して、保存をクリック
英文メッセージ画面を閉じて、保存先(デスクトップ)に保存された数字名のファイルを開くと正常に開きます。

************************************************************************************

スポンサーサイト


* 「資料」目次へ戻る
*    *    *

Information

Date:2011/02/03
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

+